久留米 クリーニング|ホワイト急便のキリン屋クリーニング 「安い、早い、キレイ」久留米・八女・筑後・鳥栖地区
プライバシーポリシー ご利用規約
ホーム ニュース サービス プライス 店舗案内 工場案内 会社情報
ホーム 豆知識
クリーニング豆知識
保管する場合は袋から取り出して!
クリーニング後の衣服をポリ袋ごと収納しがちですが、これは間違いです。ポリ袋のまま保管すると、通気性が悪くなって湿気を閉じ込めてしまいます
カビの繁殖や虫食い、変色などの原因
になりますのでご注意下さい。
正しくはポリ袋から出して、風通しのよい所に30分ほど掛けてから収納するのがベストです!
クリーニングで花粉症対策
衣料も布団も花粉をシャットアウト!
太陽の光に洗濯物や布団を干すと気持ちがよいものですが、時期によってはどうしても花粉や黄砂が付着してしまいます。屋外へ干すのは避け、乾燥機などで対応するようにしましょう。
屋外に干さなければならない場合は、取り込む前にブラッシングをしたり掃除機で吸い取ったりして花粉を除去します。
また、布団たたきを使用すると、布団の奥まで花粉を入れてしまうことにもなるため、使用は避けたほうがよいでしょう。
衣類も布団もクリーニングに出して花粉をシャットアウト!
静電気のはなし
水分の少ない繊維ほど静電気が起きやすい
空気が乾燥している時期には、パチパチと衣類が帯電して不愉快ですね。
静電気は、摩擦などによって発生しても、水分など電気を通しやすい性質のものによって逃げていきます
ナイロンやポリエステルなどの合成繊維は、吸水性が低く静電気も起きやすいのです。
この静電気を抑えるには、洗濯をする時に柔軟剤を使用すると、ある程度静電気の発生を抑える事ができます。
繊維同士の摩擦を防いでくれるそうです。
シミに関する豆知識
アイロンをかけると落ちなくなるシミ
シミの中には、熱を受けたら変化して、落ちなくなってしまうものがあります。
タンパク質を含むシミには、卵・牛乳・血液などがあります。
脂肪はドライクリーニングで落ちやすいのですが、タンパク質は落ちにくく、乾燥機やアイロンがけによる熱によって変化し、ますます落ちにくくなってしまいます
缶ジュースなどの飲食物に含まれているのが糖分です。これは、熱を受けるとキャラメル化して、繊維の隙間に焼き付き、頑固なシミになります。
シミは変化が進んでいなければ落としやすいものです。決して汚れたままアイロンをかけないで下さい
きものは日本人の心
和の心でメンテナンス
年の初めは、お正月や成人式など、何かと着物の出番が多くなります。
意外と着物についたシミや汚れって見つけにくいものです。「汚れてないからこのまま収納しようかな」っていう軽い考えが、後々大きな後悔につながりますよ。
時間がたって出してみたら、虫食いや黄ばみ・変色していたっていう経験は誰にでもあるのではないでしょうか。そうなってから、しみ抜き・カケツギに出すことになると、大きな出費にもつながり、場合によってはあきらめてしまうことに…。
大切なものだからこそ、こまめに手間をかけてあげることが必要です。
衣類にも愛情をもって、できるだけ永くつきあっていけたらいいですね。
冬物衣類の衣替
長期収納前にクリーニング
暖かい季節になると、衣類も冬物から夏物へと交替していきますが、一番大事なのが冬物衣類の収納法
お気に入りだった衣類を翌年出してみたら、虫が喰っていたとか、黄ばんでいたとか、そういった話をよく耳にします。
衣替えの長期収納前には、クリーニングに出してから収納するといいですよ。

来シーズンも着れるよう、今年頑張ってくれた衣類に感謝の気持ちでクリーニング
ブーツのお手入れしてますか?
気になる臭いのもとは
寒い季節に大活躍するのがロングブーツ。でも、気になりませんか? イヤ~な臭い…
臭いの一番の原因は足から出る汗なんです。
人は一日に、足からコップ半分から1杯もの汗をかいているそうです。これが臭いのもとです。
さらにはカビも発生させ、ますます大変なことに…。
当店の靴クリーニングを ぜひ一度お試しください。
飲食店でお座敷に上がるときなど、気にしなくて済みますよ♪
このページのトップに戻る ▲
http://www.kirinya-cl.co.jp/i/
本社:〒830-0051 久留米市南4丁目14-5|営業本部:〒834-0123 八女郡広川町藤田525-1
TEL:0942-52-0400|FAX:0942-52-0409
ホワイト急便本部 | 事故賠償基準 | 求人情報
copyright©